スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【構築】エンテイ×メガアブソル【S10&11】

ORASリーグ ~シーズン10(05/12 - 07/14)&シーズン11~ 使用構築


メガアブソル

 今回は、私がシーズン10(メインROM)とシーズン11(サブROM)で使っていた構築を記事にさせていただきます。

 構築を組んだ経緯は、シーズン10序盤はエンテイ入り受けループ(グライオン・ラッキー・ヤドラン・ナットレイ・ゲンガー)を使ってました(最高レート:1954)が、一度相手のメガアブソルに3タテを食らい衝撃を受けたので自分でも使ってみようということで構築を組んだ。

 構築のコンセプトはもちろんエンテイの選出率を意識しながら組んでいるが、本命はメガアブソルの選出率にとことんこだわり組んだ。裏のメガ進化を用意してしまうとメガアブソルの選出が低下すると考えたため、メガ進化はアブソルだけにした。そのため、ほとんどの試合に選出することができた。

 採用順は①アブソル②マンムー③エンテイ④化身ボルトロス⑤ニンフィア⑥キノガッサ


1.構築紹介


メガアブソル
【ステ】メガアブソル
今回の構築の主役であり、エースであるため、耐久よりも火力を重視している。
Sは構築全体でマンムーが重いため、メガ進化後最速80族抜きにし上からふいうちで縛れるようにした。
技構成はふいうち・叩き・剣舞は確定で、4枠目には馬鹿力かじゃれつくを採用すると思われるが、今回は選出の幅を増やすためにもじゃれつくを採用した。おかげで、妖精入りの構築に対しても選出しやすくなった。
キノガッサ・ルカリオなどの先制技を持っている格闘や優先+2の先制技の神速を持つカイリューがいる場合は極力選出しなかった。

マンムー
【ステ】ゴツメマンムー
この構築のゴツメ枠
ガルーラを迅速に処理したいため、ガルーラを誘いつつ、対面でなら1:1で持っていけるため今回はマンムーにゴツメを持たせた。最悪1:1交換できなくても、アブソルのふいうちがあるため縛れている。
また、アブソルの火力を補うためにステロを採用している。
物理受けとして採用しているが、アブソルの全抜きを狙う構築であるため、ステロを撒くのもお仕事である。

エンテイ
【ステ】毒守るエンテイ
ずっと愛用しているどくまもエンテイ
最速ではなく、Sを最速77族抜き抜きまで落とし、Aにも割いていることから最低限の火力を備えている。個人的には最速よりこちらのほうが扱いやすい。
高速再生技を持つ、クレセリア・ポリゴン2・サンダーなどは火傷だと粘られるので毒を入れる(ここ重要)。
こいつのおかげでポリ(クレセ)クチ系統に対する勝率は良かった。また、ジャロ(ボルト)ゴーリ・小さくなるピクシーなどの害悪系統にもエンテイが状態異常さえなければTODで勝てる・・・はず。

化身ボルトロス
【ステ】化ボルトロス
電磁波撒き撒きおじさん。
構築全体でSが遅いため、最速にしている。
悪巧みも一興であるが、マンムーが重いため草結びを採用している。
この構築にささっているバシャーモはこいつで電磁波を入れます!!

ニンフィア
【ステ】ニンフィア
龍と格闘を牽制する枠。
個体はシーズン11のメインROMのと同じである。
アブソルの起点作りのために欠伸を採用している。欠伸で起点を作りつつマンムーのステロのスリップダメを稼ぎ、アブソルの全抜き体制を整える。
同じことの繰り返しになるが、相手の選出次第ではニンフィアでも積めていけるので、この型は相当優秀だと思っている。

キノガッサ
【ステ】キノガッサ
地雷枠
この構築をみて相手はガルーラ対策が十分ではないと感じ、テクニガッサだと考えるはずなので、意表をつけると思い採用に至った。
主にスイクン・水ロトムといった水タイプを抑制するのが狙いだが、カバルドンに後出しができるだけで採用した価値はあると思っている。アブソルが1舞しても落とせない(215-187:60%~71.1%)ため、カバルドン入りの構築に対しては必ず選出した。
詰ませ性能は非常に高いので積極的に選出をしていきたいが、相手は必ずしもラムや防塵ゴーグル、草タイプなどで睡眠対策をしているはずなので選出しづらかった。ただ、活躍すればこいつ一体で崩壊まで追い込めるので強かった。


2.選出


マンムー+アブソル+@1
ほとんどの構築に対いて、この選出をした。@1は相手に合わせて柔軟に選出をする。

選出率は、①アブソル②マンムー③ニンフィア④エンテイ⑤化ボルトロス⑥キノガッサ


3. 最高レート


最高レートが” 1963 ”(S10)・” 1958 ”(S11)


4.まとめ


 見て頂いた通り、この構築の完成度は低く、バシャーモゲッコウガが重いなど欠陥構築です。

 しかしながら、選出時の読みや立ち回り次第でなんとかカバーできるので、使っていて面白かったです。
この構築に何か手を加えれば、2000は超えると確信しているので、良かったら使ってみてください。


 紹介は以上になります。

 何かありましたら、コメントをしていただくか、Twitterまでお願いします。

 ここまで、お付き合いありがとうございます。



【】メガアブソル



【背面】ファイアロー  <では、失礼します





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。