スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【単体考察】エンテイと歩んだ828日


 おはようございます。
 こんにちは。
 こんばんは。

 どうも、だっすんです

 ポケ勢のみなさん、いかがお過ごしでしょうか?
 私は、季節の移り変わり目ということで、体調を崩しています(主に、腹痛)。

 今回、広告回避も兼ねて、私の相棒であるエンテイの型紹介と調整について、書かせて頂きます。

entei.gif


0.種族値と取得できる技



種族値
HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
115115859075100580

取得できる技
攻撃技
聖なる炎(100:火傷50%)・ニトロチャージ(50:自S+1)・ストーンエッジ(100:急所+1)・地ならし(60:相手S−1)・アイアンヘッド(80:怯み30%)・フレアドライブ(120)◎・神速(80)◎

 ◎:過去作限定技

変化技
寝言・守る・身代わり・毒々・鬼火・吠える・威張る・リフレクター・眠る

 ※:一部抜粋

 種族値だけを見ると、火力・耐久・素早さもそこそこあるが、単タイプであること・技範囲が狭いことが、このポケモンの使用率が上がらない要因ではないだろうか。
 
 6世代に入り、それまでホウオウの専用技であった聖なる炎が与えられ、フェアリー技が半減ということもあり、実用性は向上したが、レート環境上位にいる面々に、そこまで強くないので、そこそこの種族値にも関わらず、レートで見かけることは少なかった。


1.型紹介



 (1)H=HP A=攻撃 B=防御 C=特攻 D=特防 S=素早さ、個体値31をV と表記させて頂きます。
 (2)個体値は理想(vvv×vv)で表記させて頂きます。
 (3)ダメージ計算は、ポケモントレーナー天国さんを参考にさせて頂きました。



.鉢巻型

性格:意地っ張り
実数値:207 - 183 - 106 - × - 107 - 124
努力値:132 - 252 - 4- × - 92 - 28
持ち物:こだわりハチマキ
技構成:聖なる炎・ストーンエッジ
     地ならし・寝言orアイアンヘッドor神速

【調整&ダメ計】
H:16n−1(207)
天候ダメ(12)考慮


A:全振り(183)
▼聖なる炎
 B101メガゲンガー:153~181ダメ
 B171ギルガルド盾:182~216ダメ
 B146メガクチート:212~252ダメ
 B86メガサーナイト:180~213ダメ
 B96ニンフィア:160~190ダメ
 B189クレセリア:82~97ダメ
 B187カバルドン:84~99ダメ
 B156*1.5ポリゴン2:67~79ダメ
 B150サンダー:103~123ダメ
 B192メガフシギバナ:84~98ダメ
 B121メガガルーラ:127~151ダメ
 B116ガブリアス:66~78ダメ
▼聖なる炎 -1
 B146メガクチート:144~170ダメ
 B144ギャラドス:36~42ダメ
▼ストーンエッジ
 
▼地ならし
 B101メガゲンガー:124~146ダメ
 B127ヒードラン:196~232ダメ
▼アイアンヘッド
 B178バンギラス:94~112ダメ
▼神速
 B121メガガルーラ:68~81ダメ
 B116ガブリアス:72~85ダメ
 B101メガバシャーモ:82~97ダメ
 B92ファイアロー:90~106ダメ


B:余り(106)
▼メガクチート
 A172叩き落とす:119~140ダメ(57.4~67.6%)
 A172ふいうち:98~116ダメ(47.3~56%)
 A172+2  〃 :195~230ダメ(94.2~111.1%:乱数68.8%)
▼ギルガルド
 A222影打ち:48~57ダメ(23.1~27.5%)
 A222+2 〃 :94~112ダメ(45.4~54.1%)
 A171影打ち:37~45ダメ(17.8~21.7%)
 A171+2 〃 :73~87ダメ(35.2~42%)
▼ガブリアス
 A182逆鱗:117~138ダメ(56.5~66.6%)
 A182地震:194~230ダメ(93.7~111.1%:乱数62.5%)
▼ファイアロー
 A146ブレイブバード:93~111ダメ(44.9~53.6%)
 A146+2   〃  :186~220ダメ(89.8~106.2%:乱数43.8%)
 A146*1.2   〃  :112~133ダメ(54.1~64.2%)
 A146*1.2+2 〃  :223~264ダメ(107.7~127.5%)
 A146*1.5   〃  :141~166ダメ(68.1~80.1%)
 A102     〃  :66~78ダメ(31.8~37.6%)
▼メガサーナイト
 C238サイコショック:102~121ダメ(49.2~58.4%)


D:ダウンロード対策(107)
▼メガゲンガー
 C222シャドーボール:94~112ダメ(45.4~54.1%)
 C191    〃    :81~96ダメ(39.1~46.3%)
 C222ヘドロ爆弾:106~126ダメ(51.2~60.8%)
 C191   〃   :91~108ダメ(43.9~52.1%)
▼ギルガルド
 C222シャドーボール:94~112ダメ(45.4~54.1%)
 C222+2    〃   :187~222ダメ(90.3~107.2%:乱数43.8%)
▼メガサーナイト
 C238ハイパーボイス:73~87ダメ(35.2~42%)
▼ニンフィア
 C178*1.5ハイパーボイス:82~97ダメ(39.6~46.8%)
▼クレセリア
 C96サイコキネシス:46~55ダメ(22.2~26.5%)


S:準速70族+2(124)
S123ギルガルドに先制で攻撃するため


 ガルクレセサザンといった、いわゆる対面よりの構築によく採用されているイメージ。

 この型の最大の強みは、やはり火力であるだろう。鉢巻を持たせることで、ゲンガー・ギルガルドを一撃で葬れたり、受けだしの際に燃やすことができれば、クレセリア・カバルドンの受けを成立させない。

 その反面、技の打ち分けができないため、リスキーな立ち回り(交換読みで技選択)が要求されることや、起点になる恐れもある。

 火力と耐久を重視するため、Sに多くは避けない都合上、Sのラインが高い構築には選出は難しい。

 汎用性は低い。

《構築リンク》
 ・エンテイ×メガボーマンダ(S11)
【技:聖炎・エッジ・地ならし・寝言


b.チョッキ型

性格:意地っ張り
実数値:191 - 176 - 106 - × - 119 - 135
努力値:4 - 196 - 4 - × - 188 - 116
持ち物:とつげきチョッキ
技構成:聖なる炎・ストーンエッジ
     地ならし・ニトロチャージorアイアンヘッドor神速

【調整&ダメ計】
H:16n−1(191)
天候ダメ(12)考慮


A:11n(176)
▼聖なる炎
 B101メガゲンガー:99~117ダメ
 B171ギルガルド盾:116~140ダメ
 B146メガクチート:138~164ダメ
 B201ナットレイ:204~240ダメ
 B86メガサーナイト:117~138ダメ
 B96ニンフィア:103~123ダメ
 B189クレセリア:52~63ダメ
 B187カバルドン:54~64ダメ
 B156*1.5ポリゴン2:43~52ダメ
 B150サンダー:67~79ダメ
 B192メガフシギバナ:54~66ダメ
 B121メガガルーラ:84~99ダメ
 B116ガブリアス:42~51ダメ
▼聖なる炎 -1
 B146メガクチート:92~110ダメ
 B144ギャラドス:23~27ダメ
▼ストーンエッジ
 B150サンダー:90~106ダメ
▼地ならし
 B101メガゲンガー:80~96ダメ
 B127ヒードラン:128~152ダメ
▼ニトロチャージ
 B101メガゲンガー:51~60ダメ
▼アイアンヘッド
 B178バンギラス:60~72ダメ
▼神速
 B121メガガルーラ:45~53ダメ
 B116ガブリアス:46~55ダメ
 B101メガバシャーモ:53~63ダメ
 B92ファイアロー:58~69ダメ


B:余り(106)
▼メガクチート
 A172叩き落とす:119~140ダメ(62.3~73.2%)
 A172ふいうち:98~116ダメ(51.3~60.7%)
 A172+2  〃 :195~230ダメ(102~120.4%)
▼ギルガルド
 A222影打ち:48~57ダメ(25.1~29.8%)
 A222+2 〃 :94~112ダメ(49.2~58.6%)
 A171影打ち:37~45ダメ(19.3~23.5%)
 A171+2 〃 :73~87ダメ(38.2~45.5%)
▼ガブリアス
 A182逆鱗:117~138ダメ(61.2~72.2%)
 A182地震:194~230ダメ(101.5~120.4%)
▼ファイアロー
 A146ブレイブバード:93~111ダメ(48.6~58.1%)
 A146+2   〃  :186~220ダメ(97.3~115.1%:乱数31.3%)
 A146*1.2   〃  :112~133ダメ(58.6~69.6%)
 A146*1.2+2 〃  :223~264ダメ(116.7~138.2%)
 A146*1.5   〃  :141~166ダメ(73.8~86.9%)
 A102     〃  :66~78ダメ(34.5~40.8%)
▼メガサーナイト
 C238サイコショック:102~121ダメ(53.4~63.3%)


D:ダウンロード対策(178)
▼メガゲンガー
 C222シャドーボール:57~67ダメ(29.8~35%)
 C191    〃    :49~58ダメ(25.6~30.3%)
 C222ヘドロ爆弾:64~76ダメ(33.5~39.7%)
 C191   〃  :55~66ダメ(28.7~34.5%)
▼ギルガルド
 C222シャドーボール:57~67ダメ(29.8~35%)
 C222+2    〃   :112~133ダメ(58.6~69.6%)
▼メガサーナイト
 C238ハイパーボイス:44~52ダメ(23~27.2%)
▼ニンフィア
 C178*1.5ハイパーボイス:50~59ダメ(26.1~30.8%)
▼クレセリア
 C96サイコキネシス:28~34ダメ(14.6~17.8%)


S:最速70族+1(135)
地ならしorニトチャ後最速130族+1


 妖精ハイボ勢やゲンガー・ギルガルドへの引き先として、サイクルよりの構築に採用されているイメージ。

 持ち物がチョッキであるため、変化技は使えないが、引き換えに特防が上昇するので、特殊技への受けだしはある程度可能である。

 また、技の打ち分けができるため、リスキーな交換読みでの技選択の回数はハチマキ型よりも減る。

 一方で、ゲンガー・ギルガルドを一撃で葬れない、高耐久ポケモンの受けを許してしまうなどの弊害も出てきてしまう。

 HP管理がとても重要となるが、自身は回復ソースを持ち合わせてないため、ステロを撒かれると立ち回りが一層窮屈になってしまう。

 チョッキエンテイのS実数値は最低でも135は必要かと個人的には思っている。

 得意不得意がはっきりとしているため、ハチマキ型よりも汎用性は低いかもしれない。

《構築リンク》
 ・エンテイ×メガクチート(S12)
【S124、技:聖炎・エッジ・地ならし・神速
 ・エンテイ×メガサーナイト(さいはて)
【上と同個体のため割愛】
 ・エンテイ×メガチルタリス(5thJPNOPEN)
B119、S124、技:聖炎・エッジ・地ならし・神速
 ・エンテイ×ライコウ×スイクン(S17)
S135、技:聖炎・エッジ・地ならし・ニトチャ


c.残飯型

性格:陽気
実数値:①209 - 135 - 105 - × - 109 - 167
     ②209 - 154 - 106 - × - 112 - 143
努力値:①148 - 0 - 0 - × - 108 - 252
     ②148 - 148 - 4 -× - 132 - 76
持ち物:たべのこし
技構成:聖なる炎・身代わり
     守る・地ならしor毒々or吠える

【調整&ダメ計】
①H:16n+1(209)
回復効率(13)
レベル固定技を身代わり(52)が耐える


 A:(135)
▼聖なる炎
 B101メガゲンガー:76~90ダメ
 B171ギルガルド盾:90~108ダメ
 B146メガクチート:104~126ダメ
 B201ナットレイ:156~184ダメ
 B86メガサーナイト:90~106ダメ
 B96ニンフィア:79~94ダメ
 B189クレセリア:42~49ダメ
 B187カバルドン:42~49ダメ
 B156*1.5ポリゴン2:33~40ダメ
 B150サンダー:51~64ダメ
 B192メガフシギバナ:42~50ダメ
 B121メガガルーラ:64~76ダメ
 B116ガブリアス:33~39ダメ
▼聖なる炎 -1
 B146メガクチート:72~86ダメ
 B144ギャラドス:18~21ダメ
▼地ならし
 B101メガゲンガー:62~74ダメ
 B127ヒードラン:100~120ダメ


 B:(105)
▼メガクチート
 A172叩き落とす:119~141ダメ(56.9~67.4%)
 A172ふいうち:99~117ダメ(47.3~55.9%)
 A172+2  〃 :197~232ダメ(94.2~111%:乱数62.5%)
▼ギルガルド
 A222影打ち:49~58ダメ(23.4~27.7%)
 A222+2 〃 :96~114ダメ(45.9~54.5%)
 A171影打ち:37~45ダメ(17.7~21.5%)
 A171+2 〃 :75~88ダメ(35.8~42.1%)
▼ガブリアス
 A182逆鱗:118~139ダメ(56.4~66.5%)
 A182地震:198~234ダメ(94.7~111.9%:乱数68.8%)
▼ファイアロー
 A146ブレイブバード:94~112ダメ(44.9~53.5%)
 A146+2   〃  :187~222ダメ(89.4~106.2%:乱数37.5%)
 A146*1.2   〃  :114~135ダメ(54.5~64.5%)
 A146*1.2+2 〃  :226~267ダメ(108.1~127.2%)
 A146*1.5   〃  :142~168ダメ(67.9~80.3%)
 A102     〃  :67~79ダメ(32~37.7%)


 D:ダウンロード対策(109)
▼メガゲンガー
 C222シャドーボール:93~109ダメ(44.4~52.1%)
 C191    〃    :79~94ダメ(37.7~44.9%)
 C222ヘドロ爆弾:103~123ダメ(49.2~58.8%)
 C191   〃   :90~106ダメ(43~50.7%)
▼ギルガルド
 C222シャドーボール:93~109ダメ(44.4~52.1%)
 C222+2    〃   :184~217ダメ(88~103.8%:乱数25%)
▼メガサーナイト
 C238ハイパーボイス:72~85ダメ(34.4~40.6%)
▼ニンフィア
 C178*1.5ハイパーボイス:81~96ダメ(38.7~45.9%)
▼クレセリア
 C96サイコキネシス:45~54ダメ(21.5~25.8%)
  ⇒13/16で身代わりが残る


 S:全振り(167)
最速100族に打点を取るため


②H:16n+1(209)
回復効率(13)
レベル固定技を身代わり(52)が耐える


 A:11n(154)
▼聖なる炎
 B101メガゲンガー:87~103ダメ
 B171ギルガルド盾:102~122ダメ
 B146メガクチート:120~144ダメ
 B201ナットレイ:172~208ダメ
 B86メガサーナイト:102~120ダメ
 B96ニンフィア:91~108ダメ
 B189クレセリア:46~55ダメ
 B187カバルドン:48~57ダメ
 B156*1.5ポリゴン2:37~45ダメ
 B150サンダー:58~70ダメ
 B192メガフシギバナ:48~56ダメ
 B121メガガルーラ:73~87ダメ
 B116ガブリアス:38~45ダメ
▼聖なる炎 -1
 B146メガクチート:80~96ダメ
 B144ギャラドス:13~16ダメ
▼地ならし
 B101メガゲンガー:70~84ダメ
 B127ヒードラン:112~136ダメ


 B:余り(106)
▼メガクチート
 A172叩き落とす:119~140ダメ(56.9~66.9%)
 A172ふいうち:98~116ダメ(46.8~55.5%)
 A172+2  〃 :195~230ダメ(93.3~110%:乱数62.5%)
▼ギルガルド
 A222影打ち:48~57ダメ(22.9~27.2%)
 A222+2 〃 :94~112ダメ(44.9~53.5%)
 A171影打ち:37~45ダメ(17.7~21.5%)
 A171+2 〃 :73~87ダメ(34.9~41.6%)
▼ガブリアス
 A182逆鱗:117~138ダメ(55.9~66%)
 A182地震:194~230ダメ(92.8~110%:乱数62.5%)
▼ファイアロー
 A146ブレイブバード:93~111ダメ(44.4~53.1%)
 A146+2   〃  :186~220ダメ(88.9~105.2%:乱数31.3%)
 A146*1.2   〃  :112~133ダメ(53.5~63.6%)
 A146*1.2+2 〃  :223~264ダメ(106.6~126.3%)
 A146*1.5  〃   :141~166ダメ(67.4~79.4%)
 A102     〃   :66~78ダメ(31.5~37.3%)
▼メガサーナイト
 C238サイコショック:102~121ダメ(48.8~57.8%)


 D:ダウンロード対策(112)
▼メガゲンガー
 C222シャドーボール:90~106ダメ(43~50.7%)
 C191    〃    :78~93ダメ(37.3~44.4%)
 C222ヘドロ爆弾:102~120ダメ(48.8~57.4%)
 C191   〃   :87~103ダメ(41.6~49.2%)
▼ギルガルド
 C222シャドーボール:90~106ダメ(43~50.7%)
 C222+2    〃   :178~211ダメ(85.1~100.9%:乱数6.3%)
▼メガサーナイト
 C238ハイパーボイス:70~83ダメ(33.4~39.7%)
▼ニンフィア
 C178*1.5ハイパーボイス:78~93ダメ(37.7~44.4%)
▼クレセリア
 C96サイコキネシス:43~52ダメ(20.5~24.8%)
  ⇒15/16で身代わりが残る


 S:最速77族+1(143)

 火力・耐久は上記2つには劣るが、エンテイの型の中で、汎用性が高く、一番腐りにくい型と認識している。

 この型は受け出される際に火傷or毒を入れ、身代守でターンを稼ぎ、倒していく。

 エンテイの上位互換とも捉えることができるヒードランも似たような立ち回りができるが、エンテイの特性が"プレッシャー"であるため、差別化はできている。エンテイよりもS実数値が低くく、特に拘っている相手に対しては、PP切れも狙いに行ける。

 受けループ・害悪系統の構築にTODを狙えるところも評価できる。

 4枠目の技は、ヒードランが役割対象であれば地ならし、処理速度を速めるのであれば毒、バトン展開阻止やステロと組み合わせるのであれば吠えると、構築次第でカスタマイズするべき。

 ①は、ハメれる範囲を広げつつ、かつ、メガガルーラに打点を加えられる可能性がある。ただし、火力がない。
 ②は、最速ヒードラン抜きまで落とし、主にクレセドランをメタるのを役割とする。また、火力もある程度確保しているため、それなりの打点が望める。この場合、4枠目の技は地ならしを推奨する。

《構築リンク》
 ①エンテイ×メガゲンガーver2(S13)
 【技:聖炎・守る・身代わり・吠える
   エンテイ×メガガルーラ(幻のS18)
 【上と同個体のため割愛】

 ②エンテイ×メガアブソル(S10)
 【技:聖炎・守る・身代わり・毒々


d.ハイブリッド型

性格:意地っ張り
実数値:191 - 176 - 106 - × - 119 - 135
努力値:4 - 196 - 4 - × - 188 - 116
持ち物:たべのこし
技構成:聖なる炎・ストーンエッジ
     地ならし・身代わり

【調整&ダメ計】
H:16n−1(191)
天候ダメ(12)考慮


A:11n(176)
▼聖なる炎
 B101メガゲンガー:99~117ダメ
 B171ギルガルド盾:116~140ダメ
 B146メガクチート:138~164ダメ
 B201ナットレイ:204~240ダメ
 B86メガサーナイト:117~138ダメ
 B96ニンフィア:103~123ダメ
 B189クレセリア:52~63ダメ
 B187カバルドン:54~64ダメ
 B156*1.5ポリゴン2:43~52ダメ
 B150サンダー:67~79ダメ
 B192メガフシギバナ:54~66ダメ
 B121メガガルーラ:84~99ダメ
 B116ガブリアス:42~51ダメ
▼聖なる炎 -1
 B146メガクチート:92~110ダメ
 B144ギャラドス:23~27ダメ
▼ストーンエッジ
 B150サンダー:90~106ダメ
▼地ならし
 B101メガゲンガー:80~96ダメ
 B127ヒードラン:128~152ダメ


B:余り(106)
▼メガクチート
 A172叩き落とす:119~140ダメ(62.3~73.2%)
 A172ふいうち:98~116ダメ(51.3~60.7%)
 A172+2  〃 :195~230ダメ(102~120.4%)
▼ギルガルド
 A222影打ち:48~57ダメ(25.1~29.8%)
 A222+2 〃 :94~112ダメ(49.2~58.6%)
 A171影打ち:37~45ダメ(19.3~23.5%)
 A171+2 〃 :73~87ダメ(38.2~45.5%)
▼ガブリアス
 A182逆鱗:117~138ダメ(61.2~72.2%)
 A182地震:194~230ダメ(101.5~120.4%)
▼ファイアロー
 A146ブレイブバード:93~111ダメ(48.6~58.1%)
 A146+2   〃  :186~220ダメ(97.3~115.1%:乱数31.3%)
 A146*1.2   〃  :112~133ダメ(58.6~69.6%)
 A146*1.2+2 〃  :223~264ダメ(116.7~138.2%)
 A146*1.5  〃  :141~166ダメ(73.8~86.9%)
 A102    〃   :66~78ダメ(34.5~40.8%)
▼メガサーナイト
 C238サイコショック:102~121ダメ(53.4~63.3%)


D:ダウンロード対策(119)
▼メガゲンガー
 C222シャドーボール:84~100ダメ(43.9~52.3%)
 C191    〃   :73~87ダメ(38.2~45.5%)
 C222ヘドロ爆弾:94~112ダメ(49.2~58.6%)
 C191   〃   :82~97ダメ(42.9~50.7%)
▼ギルガルド
 C222シャドーボール:84~100ダメ(43.9~52.3%)
 C222+2    〃   :169~199ダメ(88.4~104.1%:乱数25%)
▼メガサーナイト
 C238ハイパーボイス:66~78ダメ(34.5~40.8%)
▼ニンフィア
 C178*1.5ハイパーボイス:74~87ダメ(38.7~45.5%)
▼クレセリア
 C96サイコキネシス:42~49ダメ(21.9~25.6%)
  ⇒12/16で身代わりが残る


S:最速70族+1(135)
地ならし後最速130族+1


 チョッキ型と残飯型を足して、割ったような型。

 ある程度の火力と技範囲に加え、少しずつであるが残飯で回復できるので、器用に立ち回れることができる。

 身代わり(HP:47)は、有利対面時にアドをとれることが可能であったり、状態異常技を回避、ギルガルド・クチートに有利に立ち回れるなど、以外と有効であった。

 汎用性は、十分にある。

《構築リンク》
 ・エンテイ×メガメタグロス(S14)
 ・エンテイ×メガヤミラミ(S15)


2.まとめ


火力:鉢巻>>>>>チョッキ=ハイブリッド>>>>>残飯
耐久:チョッキ>>>>>ハイブリッド>残飯>鉢巻
汎用性:残飯>ハイブリッド>>>鉢巻>>>>>チョッキ

 私が採用するエンテイは、特殊方面に役割を持たせているので、余りの努力値はDに割くことが、ほとんどであるため、B>Dはめったに使いません。

 B>Dが好ましいという方は、H・A・Sのいずれかを削り、H207B119まだ努力値を割けば、HPが削れていない状態であれば、メガクチートのA172+2ふいうちを確定耐え(174~205ダメ)します。


3.おわり


 いかがだったでしょうか?

 私自身、エンテイはシーズン5からずっと使い続けていて、思うことがたくさんあったので、このような記事を書かせて頂きました。

 ORAS環境が終わった現在、このような考察記事は需要がないかと思いますが、エンテイを使っている人、使っていた人、SMで使おうとしている人の、参考になればいいと思っています。

 SMで何かしらのエンテイへの救済があると信じて、この辺で締めさせて頂きたいと思います。

 拙い文章であるかと思いますが、最後まで目を通して頂き、ありがとうございます。

 Twitterでの活動もしているので、フォローして頂けたら、幸いです。












ディズニーシーデート楽しんできます(^o^)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。